HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>くるま旅

バッテリーの不安解消?!「BAT.MAN」をちょいワルおやぢ(Bad man)が使ってみた!!

手のひらサイズでキュートなフォルムの端末をキャンカーのサブバッテリーにつけると、
バッテリーの電圧・電流・消費電力・エナジーレベル、そして、充電/放電状態までが、
スマホ(私の場合は勿論、iPhone)のアニメーションと数値で、文字通り
手に取るように分かってしまう!・・・というのがサンテクノさんの「BAT.MAN Ai」なんです。

これでサブバッテリーの不安解消?早速、購入、取り付けて使ってみました!!

さあ、久々に長いブログになりましたが、
お時間のある時にでもお読み下さい。

まずは「開梱の儀」
11.jpg

さりげなくお洒落なパッケージですね。中身は・・・・
12.jpg

これまたシンプル。本体・付属品・保証書などが入っていますが、
取説はサイトからダウンロードするので、入っていません。
取説は事前に必ず読むことをお勧めします。
読まないで苦労されたヒトバシラーさんが既に何人かおります。

また、専用アプリも、iPhoneはApp store、アン泥井戸はGooglePlayストアからインストールします。
早速、私のあいぽん(iPhone)にもインストールしました。
13.png

さて、いよいよ取り付けです。私の安全家(アンセイエ)ちゃんのバッテリーは
トリプル並列ですが、取説に接続例が載っているので安心です。
16.jpg

事前に、付属品も確認しておきましょう。
17.jpg

まず、取説の通り、サブバッテリーのマイナス線を外し、他の金属に触れない様に、
テーピングしておきます。
18.jpg

BAT.MANの底面がバッテリー面に平行になるように、高さ調整をします。
私の場合、ワッシャー一枚と、本体裏にシリコンゴムシートを貼りました。
20.jpg
19.jpg

BAT.MANのBATTERY端子とサブバッテリーのマイナス端子、そして
他のサブバッテリーからの連結ケーブルを連結します。ここに他装置の
アース線を接続すると正確な電流モニターにならないそうです。

サブバッテリーの取り付け金具があるので、斜めの取り付けになりました。
21.jpg

高まる緊張と興奮が入り混じる中、いよいよ、電源線をサブバッテリーのプラス側に
接続します。
22

ここで、本体のLED(オレンジ色)が点滅することを確認します。
23.jpg

最後に、BAT.MANのRTN-1端子に外してテーピングしていたマイナス線や他機器のアース線を
接続して完成!です。各ステップで写真を撮りながらの取り付けでしたが、
それでも30分はかかりませんでした。
24.jpg

ドキドキ!ですが、早速、アプリを起動してみます。
40余分

あいぽんの周辺(約10m)の範囲にあるモニター可能なデバイスが表示されます。
まだ、ご近所でBAT.MANを購入した人はまだいないようで、
アンセイエちゃんに装着したBAT.MANが一発表示されています。
(念のため、デバイスIDが一致しているか確認します)
その表示をタッチ、チェックマークをつけて、左にスワイプします。
スワップではありません、指で画面をタッチしてページめくりの様に
左にさっと動かします。すると、デバイスの一覧表示が出ます。
002.png

この画面を更に左にスワイプするとデバイス表示となります。
01オリジン

既に、計測されたデータが表示されていますが、まだやる事があります。
バッテリーのタイプの選択です。デフォルトですと105Ah(12V)になっています。
この表示の部分を長押しすると、バッテリータイプ一覧が出てくるので、
私の場合は「105AhX3P(12V)」を選択します。
004.png

更に、デバイスIDのままだと味気ないので、バッテリー名も変更しちゃいます。
これも、バッテリー名のところを長押しすると、入力欄が出てきますから、
好きな名前を入力します。
003.png

さあ、これで全て完了しました。まずは、何も使って(消費して)いない、外部電源も接続していない(ソーラーオフ)の状態です。
02消費無

アンセイエちゃんは、ソーラー充電だけの冷蔵庫は動かしっぱなしなので、
この時、電圧は12.2V、エナジーレベルは47%にまで下がっていました。

ここで、冷蔵庫のモートルが動き始めました。電気を消費している赤い矢印が右向きに出ています。
03冷蔵庫

CURRENT(バッテリー充放電電流)4.2V、POWER(バッテリー充放電電力)50.3W。
バッテリー状態だけでなく、その使う機器ごとの消費電力なども分かります。
これは便利です。

ここで、ソーラーバッテリーの充電って、どんなものか気になったので、
お日様が出てから、見てみると・・・
IMG_9887.png

それぞれ、4.2Aと53.0Wです。もともとソーラーは、そのスペックの60%位が実際の発電量と言われていますが、
午前中なので、こんなもんでしょうね。正午には更にアップすると思いますが、
これなら、冷蔵庫の消費電力と同じ位なので、お天気がそこそこ良ければ、ソーラーだけでも
冷蔵庫を動かす事ができるのではないでしょうか??

今度は、LED照明だけ点けてみました。
04LED照明
こちらはそれぞれ、0.7Aと8.9Wと、可愛いものです。

続いて、ベンチレーション。これはブンブン回るので、電気喰いそうですね。
05ベンチレーション

おおっ、やっぱり!それぞれ1.5Aと17.9Wです。でも、電気喰いといえば、
エアコンでしょう!早速、試してみます。
まず、インバーターのスイッチを入れます。
06インバーターON

あれ?インバーターだけでも結構、消費するのね?ではエアコンON !
07エアコンON

エアコンがウインウイン言い出しました・・
08エアコン駆動

すると、インバーターも本気?を出して、ファンとか回り始めました。
09エアコンインバーター

それぞれ、27.2Aと324W・・・・。やっぱり、ソーラーだけではエアコンは使えませんね。

今度は、走行充電はどの位のものか試してみます。まずはエンジンをかけてアイドリング。
10エンジンON

おおっ!(いちいち感動してます)今度は青い矢印が左向きに出て、充電してることを
示しています。

今度は、外部100Vを接続してみます。
RVP100V.png

充電器にもよるのでしょうが、走行充電よりも、電流が少ないですね。
ソーラー程ではありませんが、バッテリーには優しいのかもしれません。

・・・とまあ、取り付けから、ちょっと使用した状況をご紹介しましたが、
結論としては、「ちょっと高い」でも「買って良かったベスト5」に入ります。

決してサンテクノさんから何か貰っている訳でも、
親戚縁者、友人知人がサンテクノさんにいるのでも、
サンテクノさんの受付の女性が美人な訳でもありません。

でも「買い」だと思います。

BAT.MANは面白いですし、充分に実用性もあります。
これで、バッテリーの状態にビクビクする事がなくなるばかりか、
キャンカーに装備している各種機器ごとの消費状況なども分かるので、
まさに「お値段以上」かもしれません。

まずは「BAT.MAN Ai」のフラッシュレポートでした!!


ブログ更新の励みになりますので、下のアイコンを「ポチっと」宜しくお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村








この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/795-b52246da

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。