HOME>くるま旅

北の大地の逆走野郎のために私がやったこと・・・

北の大地の交通事情は本州とは違うので注意が必要・・・とはよく言われることですが、
出逢ってしまいました「逆走野郎」!!

なんて事もない道、緩やかなカーブでしたが、ヤツは、逆走してこっちに向かってきました!
逆走野郎

他に車はいませんでしたので、追い越しの為にこちらの車線に出た訳でもなく、
カーブの為に反対車線に飛び出すほどのスピードでもありませんでした。

「居眠り?」

い~や、すれ違いざまにヤツの顔を見ましたが、ヤツは・・・

「笑ってました」

クラクションを鳴らし、こちらの方が進路変更して、ヤツはそのまま
私の左側を抜けていきました。私の後続車がいなかったのが幸いです。
あの進路では、そのまま避ける間もなく後続車は正面衝突していたかもしれません。

ところが、私はその奇妙奇天烈(きみょうきてれつ)な逆走野郎よりも
気になった事がありました。

クラクションです!

その滅多にない緊迫した状況で、クラクションを鳴らしたのですが・・・

「ほへっ!」

なんとも気が抜けた、おマヌケな音です。
(*注:あくまでも超個人的な印象です)
キャンカーのベース専用として開発されたカムロードですが、
やはり元はと言えば、商業トラックです。
業務的な音しか出なくても仕方がないかもしれません。

でもあの様な状況下で、トンでもない相手に注意を促す場で・・・

「ほへっ!」

は余りにも情けなく、身の危険すら感じました。

私は、たまたまあったカーショップで、一番安いホーンを購入しました。
(だって、店内の迷惑かえりみず、色々、パォ~ンと鳴らしまくりましたが、
値段でそれ程、音色も迫力も変らなかったんだもん!)
IMG_9793.jpg

アンセイエちゃんのフロントグリルをぶっぱずして交換です。
「おまえか!?あの「ほへっ!」の張本人は!?」

オリジナルのホーンは肩身が狭いのか?そこに震えるようにチンマリとおりました。
IMG_9792.jpg

「ほ~ら、怖くないよ、出ておいで・・」
と油断させておいて、そのチンマリ君を引っぱり出し電光石火の如く、激安ホーンと交換しました。
IMG_9794.jpg

「ぱぉ~~~~ん!!」

そのヨーロピアンホーン的な大音響が、遠く山々にまでこだまして、
アルプスの少女ハイジもぶったまげてチビリそうな大迫力!です。

「はやく、逆走野郎に出逢わないかな??」




ブログ更新の励みになりますので、下のアイコンを「ポチっと」宜しくお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/794-3a258df7

コメント

こんにちわ
事故にならなくって良かったですね、正面衝突しても、100%相手側責任にはならないことも有りますからね。

我が家も同じような経験をして、貧弱な音に驚き、交換した経緯がありますが、出荷前にビルダーで交換すればと思いますね。

レス御礼です。
レオ様、コメント御礼です。キャンカーのイメージとはかけ離れた音ですものね。ましてや安全にも係わるとなると趣味嗜好の範疇ではありません。重くて大きな車は急には停まれませんから、クラクションで警告するのも重要ですね。大型トラックの方々のクラクションが大迫力なのも分かります。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】