HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>くるま旅

裏磐梯レイクウッドで出会った『500度ピザと雪室珈琲』

 こんばんは~!くるま旅イラストライターのさいばです!

 先週末、山形は高畠町のイベント『クラシックカーレビュー in 高畠』に行く途中、
裏磐梯にあるFB友さんのお店を訪問したんですな。


 裏磐梯は今、紅葉の季節ですが・・・・


UBD04.jpg



 綺麗ですな~!でも、ピークはこれからみたいなので、まだまだ楽しめそうですな。


UBD05.jpg



 FB友さん曰く、磐梯山に近いエリアは、昔の噴火で溶岩にやられたので、
まだ森が若く、紅葉も今一つですが、檜原湖畔にあるレイクウッドの森は
溶岩にはやられなかったので、紅葉も見事なんだそうですな。


 FB友さんのカフェとペンションが一緒になったお店『En cafe』は、
「レイクウッドペンション村」の中にあります。


UBD01.jpg



 ここのカフェの売りはピザですな。



UBD02.jpg



 ハーフ&ハーフのピザや、サラダ、スィーツとのお得な組み合わせもあります。
FB友さんから、聞いたのですが、こちらのピザは、500度以上の高熱で焼いている
そうなんですな。電気窯ですと300度位までしか上がらず、ガスはコストが高くなり、
薪はコントロールが難しい。そこで、こちらでは「木質ペレット」を使用しているとの事。
お店の名前の「En(エン)」には「縁」という意味と「炎」という意味があるそうですが、
その炎に相応しい高温で焼いたピザはサクサク、モチモチの歯ごたえで、
とてもおいしいのですな。
あまりに感動したので、私は勝手に『500度ピザ』と呼んでおります。



 そのただでも美味しい『500度ピザ』を・・・・

UBD03.jpg


 紅葉独り占めの窓際でいただくのですから、たまりませんなあ!!
(こんな窓際族なら大歓迎!!)


UBD06.jpg


 更には、やはりこのお店ならではの「雪室珈琲」で頂く訳ですな。天然の雪を貯めた
地球に優しい冷蔵庫「雪室」 その室内の温度はほぼ零度で湿度100%という超低温&高湿度が、
コーヒー豆本来のおいしさをバッチリ引き出しちゃうからたまらない!



500度ピザと雪室珈琲のダブルパッチで
私は見事に、裏磐梯レイクウッドで味覚の海に
撃沈してしまったのですなああああ!



 裏磐梯の紅葉はまだまだこれからですが、『En cafe』は11月3日まで週末のみ営業なので、
急いだ方が良いかもしれませんぞ!


 今週末にでも、裏磐梯レイクウッドの紅葉を愛でながら、
『500度ピザと雪室珈琲』なんぞ、如何ですかな?



*裏磐梯観光協会公式ブログでも紹介されてます<コチラ>

*FBやられている方は<コチラ>





 それでは、また続くのココロだぁ〜!

■ FB(顔本)をやられている方は、末尾「いいね!」も、して頂けますとウルトラ嬉しいです。

ブログ更新の励みになりますので、下のアイコンを「ポチっと」宜しくお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

■ 私のJRVA内ギャラリーにもお出で下さいですぞ。
JRVAさいば☆しんギャラリー

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/772-f46bf419

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。