HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>くるま旅

キャンカー冷え冷え計画 その2

■先回からの続きですぞ!<先回はコチラ>



 さて、既にスポットエアコンは購入しちゃったので、
もう後には引けませんな。

 もし失敗したら(汗)、代わりにトイレ用に・・とか、
脱衣所用に・・とかでは、うちのワル嫁(怒)には弁明できず、
今度は家庭内灼熱地獄となってしまうのですな(恐)。

 兎にも角にも、気を落ち着かせて、呼吸を整え、
まずは、排気問題から片付けましょう!
このスポットエアコンは室内外機一体型なので、
このままでは、同じ車内に排気・放熱してしまい、
更にはこれに機械熱も加わって、結果的に室温がアップ!
という矛盾テンコ盛り&本末転倒になってしまうのですな。

“なんとかして、車外に排気しないといけません”

 そこで、SAC-16には、排気ダクトがオプションで
用意されているという点が重要なポイントに、そして
本機の選択理由の一つにもなっているのですな。

img58173105.jpg

 さて、これを使いどうやって、車外に排気するか?
そのイメージスケッチ(ポンチ画)がコチラ・・。

IMG_4253.jpg

 ちょっと分かりにくいですが、助手席側の窓ガラスに
挟み込むタイプの排出機構を制作、これに排出ダクトを
接続して放熱するというイメージなんですぞ。
(ちょっと大袈裟かしらん?)
私の場合、いつもキャンプ時には、荷物置き場にしている
助手席に、エアコン本体を置いて、排気は、前述の様に
窓から排気ダクト経由で行い、その一方で、冷気ノズルの
長さと自由度を活かし、居住区を狙って冷気を送り込むってぇ
寸法なんですな。

 この様に、長いフレキシブルノズルと排気ダクトの両方を
活用して一体型エアコンの吸排気問題を解決する訳なんですが、
そう簡単にいくかどうかはやってみないと分からないので、
まずは材料を買ってきて、窓ガラス部排気機構の制作から
始めようかと思っております。それは、また次回のお楽しみに!






■来訪いただいた皆様の素敵なアウトドアライフを祈って、
 ポチッとして頂けますと幸いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

■"日本全国HANA CLUB" ができましたぞ!!
<コチラ>

■「岬の喫茶店よふたたび!」
 私は、"Misaki Again Project"を応援しています。
 詳しくは<こちら

■私のJRVA内ギャラリーにもお出で下さいですぞ。
JRVAさいば☆しんギャラリー

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/388-13b073ea

まとめteみた.【キャンカー冷え冷え計画 その2】
さて、既にスポットエアコンは購入しちゃったので、もう後には引けませんな。もし失敗したら(汗)、代わりにトイレ用に・・とか、脱衣所用に・・とかでは、うちのワル嫁(怒)には弁明できず、今度は家庭内灼熱地獄となってしまうのですな(恐)。兎にも角にも、気を落ち...

コメント

面白い展開になって来ましたね~!
なるほど!!
うちも、失敗商品買ってきたら冷気と熱気が交互に(怖わ~~~)

参考になるかどうか、車の中の熱気抜くためにソーラーファンを考えた時がありまして、
もし流用出来れば、作成時間短縮に貢献できそうなんですが?
こちらに、1000円台ででております。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/mckey/2213rrao.html
問題はパイプの径と合うかと窓の形状ですかね~!
ご参考までに!

成功をお祈りしております。ポチ!
わたしもエアコンの事

どおにかならないかなぁ~って思っていました

この商品もお手ごろですね!

効き具合のレポ

楽しみにしてますよ~^^
なかなか独創的な発想ですね~
上手くいくといいのですが・・・
ただ車内で使うとなると、排気があるということは、それに見合う吸気が必要になるので
外気が排気分入って来るので、冷房がどの位聞くのでしょうか
一番良いのは車外に置いて冷気だけ入れると冷えそうですが・・・

実験結果楽しみにしています
コメ御礼>くにっちさん
なるほど、ソーラーファンの応用までは考えてませんでしたな。
ただし、排気量が多いので、ある程度、隙間が必要だと思いますぞ。。
色々と情報ありがとうございます。ますます失敗できませんな。
コメ御礼>翔太君のパパさん
そうなんですな。暑さがどうにかなれば、アウトドアは快適なんですな。
夏は涼しいところだけでキャンプの方向で実践してきましたが、
これが中々ないのですな。
コメ御礼>通りすがりのおやじさん
そうなんですな。そこで、運転席エリアを副冷却室、いや、準車外扱いとして、
そこには多少の外気を入れて助手席側から排気、運転席エリアと居住区は
カーテン等で遮られているので、居住区の温度が下げられるかと・・。
これもやってみないと分かりませんな。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。