HOME>キャンピングカー復活

降るなと祈りをア~メン雨キャン!

■いよいよ納車まであと僅かとなりましたので、ブログタイトルも変更しちゃいましたぞ。
 これからの旅ぐるま日記をお楽しみに!

■来訪いただいた皆様の素敵なアウトドアライフを祈って、
 ポチッとして頂けますと幸いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

ame
*オートキャンパー誌から転載。

 雨ですな。梅雨の季節ですから仕方がありませんな。
話がトビますが、電気製品でもカメラでも、防水型モデルがありますな。
生活防水型とか防滴型とか色々ありますな。この防水型、設計が難しいのか
ひと手間かかる為か、価格も普通のものより高い気がしますぞ。
 が、ちょっと待った!なんですな。車は、防水型も普通型もなく、みんな
立派な防水/防塵モデルですぞ。確かに昔は、パッキングのダメなところから
多少の雨漏りとかありましたが、最近では、さすがは自動車王国ニッポン!
プレス技術やシーリング技術、そして生産技術の向上で、「雨漏り車」なんぞ
噂にも聞かなくなりましたな。

 ところが、キャンピングカーでは、あるんだな、これが。普通車の様に
一体モノコックボディではなく、手作りの上にペンチレーションだ、アンテナだと
なんだかんだと穴が開ける事が多く、もちろん、シーリングだのコーキングだの
やってはいますが、どうしたってミクロンクラスの水や蒸気の分子構造にはかないませんな。
どこから漏るのかしらん?と思う所から、しとしとぴっちゃん!と漏れてくるのですな。

 新車だって、運が悪ければ雨漏りの刑に処せられるのですな。私もキッチンの
レンジフードからの雨漏りに泣かされた事がありますぞ。いくら見たって調べたって
「それらしき」穴や隙間が無いのに漏るのよ!2回もビルダーに持ち込んでも
なおらない。「オーマイ!ブッダ!」お漏らしで悩むなんて何十年ぶりのことか!
ですな。で、結局、疑わしきは罰しちゃう的に辺り構わず、しかもゴキブリ退治に
爆弾使う位の気分でコーキングをテンコ盛りして、なんとか収まったのですな。

 新車でこうですから、古くなってくると雨漏りの恐怖は確実にやってくるのですな。
新車なら(私の様な事もありますが)一年位は安心らしいですな。二年目以降の中古の
場合は、接合部や穴周辺のコーキングをチェック、早め早めの対策を心がける必要が
あるのですな。タイミングとしては、車検時に「居住区検」のつもりでビルダーに
チェックを依頼、補修をして貰うのが良いですな。

 古くなったコーキングを剥がしたりして新たに塗り直す。特に目にはつきませんが、
致命的になるルーフ部はこれでもかっ!という位にやってもらいましょう!ですな。


■次回予告:6月30日(木)には「ああっ、どうにも停まらない?駐車場」を
      お送りする予定です。

■私のJRVA内ギャラリーにもお出で下さいですぞ。
JRVAさいば☆しんギャラリー

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/323-2028a2c9

コメント

なんとタイムリー、今日の記事は雨漏り補修大作戦でございました。
キャンカー出動話楽しみにしております。
これで一段と奥様の力が増大されますね~!
恐妻組合員としては、キャンカー購入の代償の大きさがひしひしと伝わって来ますよ~!
がんばれ~~~!でポチ!ポチ!
なるぼど、雨漏りですか、我家と一緒ですね。

*。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】