HOME>キャンピングカー復活

うしろから愛をバックアイカメラ:解体新車編

■来訪いただいた皆様の素敵なアウトドアライフを祈って、
 ポチッとして頂けますと幸いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

バックアイかめら

 キャンピングカーのルームミラー(バックミラー)は化粧用とう事を
ご存知ですかな?一部のバンコン/軽キャンを除いてキャンピングカーには
実質、後方視界がありませんな。だから不要。ですからルームミラーは、
助手席で奥さんが化粧をなおしたり、お父さんが奥歯を覗いたり、鼻毛を
抜いたりするのに使うだけとなるのですな。

 乗用車の「丸見え後方視界」に慣れた人には、この「後方ふさがり状態」に
思わず固まってしまうかもしれませんな。ただでもデカ長いキャンピングカーは
取り回しが難しいのに、後ろがまったく見えないのですから、これは大変ですな。
気分は正に「デブの目隠し綱渡り状態」昔のバスの運転手さんには、バスガイド
さん(死語ですな)の明るい「オーライ!オーライ!」の声がありましたが、
後方視界の無いキャンピングカー運転手さんはどうしたら良いのでしょうな?
ましては夜間や雨天の時などは、踏んだり蹴ったりの泣きっ面に蜂状態。
慣れれば大丈夫というベテランもいますが、慣れるまでが不安なんですなあ。

 そこで登場するのが「バックアイカメラ」ですぞ。文字通り「後方の目ん玉」で、
このカメラの映像を運転席のモニターで見る訳なんですな。普通はギアがバックに
入ると自動的に後ろが映るのですが、常に映しておく事も出来るのですな。
私なんぞ、渋滞中にオカマ(追突)されるのではないかと映していましたな。
勿論、実際の目とは感覚が違うので、ある程度の慣れが必要ですが、全く何も
見えないよりは数百倍も安心できますな。

 以前は、モノクロが主流で、情報量の点で今一つ詳細部が分かりにくかったのですが、
最近はカラーのものが増えてきて、且つ、カーナビや液晶テレビが兼用のものが普通に
なってきましたな。ルームミラーと小型モニターが一体になったものもありますぞ。

 夜間はやはり見にくいので、バックアイカメラ専用のバックライトを付けている人も
いますぞ。こうすれば、しっかり照らされているので、思わぬ障害物にぶっつけなくても
済みますな。また後方コーナーにミニランプを付けて、それを目印にするという方法も
ありますな。バックアイカメラと一緒に使うと鬼に金棒ですな。

 仕事の方も後方に隙を作らない様な、バックアイカメラ的配慮が必要だと
思ったりもする私なんですな。こりゃ関係ない話でしたな、失礼。

■次回予告:6月21日(火)には「どこでもチンなんでもチン:解体新車編」を
      お送りする予定です。

■私のJRVA内ギャラリーにもお出で下さいですぞ。
JRVAさいば☆しんギャラリー

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/318-9f1f8dda

コメント

バックアイカメラの無い時代は大変だったでしょうね。
私はバックが下手なので、特に必要かも?

*。

インターネットで安くて変わった物を探すのが好きな私としては
ワイヤレスバックカメラなる商品なんぞ取り付けて、
ツインバックカメラにしています。
面倒な配線の取り回し無しで付くんで楽チン映りも普通です。
最近は広角カメラが広すぎるんで、ゆるめのカメラを物色中。
なぜか後方コーナー用のミニランプも、持ってたりして(早くつけねば・・・・)
ポチ!ポチ!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】