HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>キャンピングカー復活

オマエにシビれるゼ!電気系統:解体新車編

■来訪いただいた皆様の素敵なアウトドアライフを祈って、
 ポチッとして頂けますと幸いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

電気1

 照明、ヒーター、テレビ、ビデオ、換気扇に給水ポンプに至るまで、
キャンピングカーには、電気が不可欠なんですな。ここが、
電気が無いのが当たり前の「普通のアウトドア」と大きく異なる点ですな。
その電気の要(かなめ)となるのが「サブバッテリー」なんですぞ。
通常、キャンピングカーにはベース車両にメイン、居住区にサブと二種類の
バッテリーが搭載されているのですな。一時期大放出型のメインバッテリーと
違って、サブバッテリーには度重なる放電に耐え、何度でも再充電可能な
密閉型ディープサイクルバッテリー(元々は船外機用に開発されたもの)を
使用しているのですぞ。

 AC電源付のキャンプ場にでも行かない限り、全ての電源をこのサブバッテリーに
頼る事になるので、そのメインテナンスが重要になってくるのですな。
特に連泊する場合は電源の切れ目が縁の切れ目なんですな。サブバッテリーが
あがった(放電した)時の不自由さといったら、家庭での停電、昨今の
計画停電以上なのですな。

 サブバッテリーもベース車両の発電機による走行充電。充電時のメインとサブとの
関係は、スイッチ切り替え式、リレー式、アイソレーター式、そして最近では
マルチバッテリーチャージコントローラー等で相互の充電が調整されるのですな。
この他、この走行充電以外に外部電源からコンバーター&バッテリーチャージャーで
充電できるものもあるのですぞ。

 キャンピングカー生活に慣れてくると、あれもこれもで電源が足りなくなり、
短絡的にサブバッテリーの増設を考えがちですが、容量が増えた分、発電機の
増強や配線の取り回しや、コードの太さまでも変えなければならず、ある程度の
覚悟が必要になってくるのですな。最近では、性能が向上したインバーターなどで、
バッテリーから変換して、電子レンジやエアコンも使える様になったので、
ますます、サブバッテリーの役目は重要になったと言えますな。

 そこで登場するのが、ジェネレーターなんですな。これがあれば、サブバッテリー
の残量を気にしないで済むばかりかエアコン/電子レンジ等の大出力電気用品も
使用可能になるのですな。但し、その作動音が問題になるので、シーズン中の
キャンプ場では要注意ですぞ。キャンプ場によってはハッキリと「禁止」とに
している所もありますな。他人に迷惑をかけてまで「自分だけ快適」な
キャンピングカー・ライフを送っても仕方ありませんからな。


電気2


■次回予告:6月15日(水)には「箱入り娘のアウトドアグッズなんて?電気系統:解体新車編」を
      お送りする予定です。

■私のJRVA内ギャラリーにもお出で下さいですぞ。
JRVAさいば☆しんギャラリー

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/315-af6b7c03

コメント

サブバッテリーを積んで、ネットワークを組み、40cmウーハーをガンガン鳴らすのが夢でした。

*。
ポチ!お出かけにやってきました。
ヤフオクで発電機買っちゃいました~!
で、いつ使うのて????衝動買いでございます。
ごもっとも
電源の切れ目が縁の切れ目・・・
ウケました^^
本当にサブの上がった時の不便さといったらたまったもんじゃありませんよね
発電機も使う場所限られちゃいますよね P
確かに
ほんと、便利の裏はいろいろあるのですね。
電気って、やっぱりすごいんだと、ご時世のこともあり、
つくづく思いました。欲し親子、、うちは欲し家族だわぁ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。