HOME>キャンピングカー復活

オナラもガスも要注意!解体新車編

■来訪いただいた皆様の素敵なアウトドアライフを祈って、
 ポチッとして頂けますと幸いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

ガス3
*オートキャンパー誌に連載の漫画から転載

ガス2

 働き者だが恐ろしいのは?お父さんは即座に「お母さんっ!」と答えるでしょうが、
キャンピングカーでは「ガス」なんですな。コンロからヒーター、温水からシャワーと
大活躍。高効率で火力も強い。扱いも簡単で応用範囲も広く、持ち運びも楽。
まさにキャンピングカーに打ってつけのエネルギー源なんですな。

 が、その反面、万が一の危険性もあるのですな。この点はビルダーも心得ており、
慎重に設計/施行しているので、ガス漏れはお父さんのお尻よりも滅多に無いですが、
用心にこした事はないですぞ。最低でもガス漏れ検知機、カットオフバルブを装備
した方が良いですな。

 それでもガス漏れが発生した場合は慌てず焦らず、火の気のあるものは全て消し、
ガスの元栓を閉め、窓や換気口を開く。そして原因究明なんですな。石鹸水か
洗剤をまぜた水と筆を用意して、再度、バルブを開け、怪しい所にそれを塗り塗り
するのですな。泡が出た所が・・・「犯人はお前だ!」なんですな。

 原因が分からず、まだ臭い場合は、安易に素人判断せずに、ビルダーに持ち込んだ
方が良いですな。キャンピングカーが一転して、「恐怖のガス室」になってしまう
恐れがあるのですぞ。

 ガスの充填は近所にガスの小売りか卸売りがあれば相談してみるといいですな。
問題は地方とか出先で充填しなければならない時ですぞ。LPガスは「プロパンや
ブタンの高圧ガス取締法」で厳しくボンベの保守管理が義務づけられていますから、
見ず知らずの人が行っても、充填を断られる場合もあるのですな。この点で、
小売店よりも卸売専門店の方が快く対応してくれる事が多いですな。

 電話帳かネットで調べて、休業でないか、対応してくれるかを事前に確認すれば、
知らない街で路頭に迷う事もないですぞ。こういった情報は普段から
キャンピングカー仲間で交換するのも一つの手ですし、渋いTips(裏技)としては、
一般家庭に置いてあるボンベには、その扱い店の電話番号が記載されている事が
あるので、その電話番号にかけると、地元のガス屋さんと連絡が取れるのですな。
でも、不必要に他人の家を覗き込んでいると、誤解されて通報されるカモですぞ。

 一部で搭載されている固定式タンクの場合は、ちょっと厄介ですな。今までは
タクシー用のオートガススタンドで充填できましたが、業務用走行燃料という事で
税金も単価も優遇処置がされておりましたが、これが個人使用、家庭用となると
「違法行為」になってしまい、充填拒否という話も聞きますな。固定式ボンベは
少数派ですが、中古の輸入キャンピングカー購入時とか、注意した方が良いですな。

 下の漫画は、約10年前に「洒落(シャレ)」で描いたのですが、前述の様に
ボンベの充填が難しくなってきたので、最近では、本当にカセットボンベを
キャンピングカーに使う様になってきて、実際に関連商品も売られているのですな。
あー、特許取っておけば良かったですなあ。
ガス


■次回予告:6月13日(月)には「オマエにシビれるゼ!電気系統:解体新車編」をお送りする予定です。

■私のJRVA内ギャラリーにもお出で下さいですぞ。
JRVAさいば☆しんギャラリー

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/314-586e50fd

コメント

特許って、冗談の様な物でも取っておくべきなんでしょうね。
私も取っておけば良かった物があります。

*。

うちも、ボンベ1本8キロが乗っかっていますが、車内で料理はしないんで
1年位持ってますね~!
ガスは地元のガス屋さんに証明書出してもらって補充してます。
ガス漏れも警報機の様に、かみさんの爆発警報機が欲しいですね~!
ポチ!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】