HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>キャンピングカー復活

快適の証明?照明?解体新車編

■来訪いただいた皆様の素敵なアウトドアライフを祈って、
 ポチッとして頂けますと幸いです。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

照明

 快適な「外泊」その立役者の代表が照明なんですな。
「もっと光を!」と叫んだのは、かの文豪ゲーテですが、
キャンピングオーナーは叫ばずとも普通の光を手に入れる事ができるのですな。
勿論、キャンプでお馴染みのランタンの光も素敵ですし、焚き火の揺らめく
優しい光も捨て難い。でも、それは条件の良い時の話。悪天候下では、
そんなロマンチックな事は言ってられないのですな。そんな時、
キャンピングカーの中で明るく快適なひとときを過ごせるなんて最高ですな。

 そんな事を言うと、すぐにド根性型アウトドア野郎は、キャンピングカー
なんぞ、都会の生活を切り取って持って来ただけで、アウトドアではな~い!
と声高に叫ぶかもしれませんな。でも自然を楽しみ慈しむのに色んな形が
あっても良いではないですかな?キャンピングカーオーナーだって、
ランタンの光や焚き火の光の元で過ごす事もあるのですから・・。

 照明で気をつけなければいけないのは電源。通常はサブバッテリーを
使うのですが、これが当たり前の話ですが、有限なんですな。
明るきゃ良いってものではなく、その効率を考えないといけないのですな。
こまめに不要な照明は消す習慣をつけた方がいいですな。最近では、
LEDランプも普及してきたので、割高ですが、消費電力を重視して採用するのも
ありですな。ジェネレーターなら、こんな苦労はないですが、騒音で人に
迷惑をかける事もあるので、いつでも夜中でもという訳にはいかないのですな。

 次に夏場の虫対策。大自然の中で、こうこうと明かりをつける訳ですから、
虫がワンサカ集まってくるのですな。網戸があっても、その目よりも小さい虫が
入ってきますし、網戸用の防虫剤も余り効かない。窓をピッタし閉めて暑いのを
我慢するか(これが本当のムシ(虫)暑い!)、明かりを暗くしたり、
ランタンを窓の外側に置いて、そちらに引きつけるといった工夫が必要に
なるのですな。

 続いて丸見え対策。車内が明るいと外から丸見えになりますな。夏場は
カーテンを閉めると暑い、かといって開けると丸見えの無防備状態。この対策は、
明かりを全部、消して真っ暗な中で「手探り生活」をするか、明かりをつけた
車内でお行儀良くして、外から見られても「キャンピングカーっていいなあ~」と
羨ましがられる様なアウトドア劇団をするしかないですな。ましてや、
夫婦喧嘩なんてもっての他ですぞ。

 見てる方は面白いですが・・。


■次回予告:6月5日(日)には「暑さ寒さもキャンパーなら?解体新車編」をお送りする予定です。

■私のJRVA内ギャラリーにもお出で下さいですぞ。
JRVAさいば☆しんギャラリー

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/310-f563eae3

コメント

LEDで電力は抑えられそうですが、外から丸見えはちょっと...。

*。
コメ御礼ですぞ。
それが良いって方もいますな。
どんよりじゃせっかくの雰囲気が勿体ないですもんね。
節電(とハゲロン)で電力抑えるのもいいけど、
超ゴージャスな照明ってのも見てみたいなぁ^^

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。