HOME>キャンピングカー復活

黒い瞳か・・青い目か・・美女のお話ではありませんぞ。

輸入もの

 意味深(いみしん)なタイトルですが、当然、キャンピングカーの
お話。つまり「国産か輸入か」というテーマなんですな。(なーんだ)

 "輸入車" という言葉には特別の響きがありますな。
自動車王国ニッポンと言われ、今や飛び抜けて輸入車の方が良い!という
感じは薄らいではいますが、キャンピングカーに関しては、まだ外国の方が
先進国のイメージがあるのですな。キャンピングカー購入ですら、
やっと夢の実現!なのに、輸入車なんて贅沢だ!なんて言われそうですが、
金額的にも以前よりも、だいぶ差が縮まりつつあるので、もうひと踏ん張りで
購入候補にいれても良いかもしれませんぞ。

 国産車と輸入車との大きな違いは、そのベースシャーシと内装の作りの
センスですな。特にベースシャーシはそのエンジンパワーや足回りで、
輸入車に軍配があがるのですな。国産でもキャンピングカー向けシャーシが
出てきましたが、まだ車種が少なく限定されてしまうのが現状なんですな。
また内装にしても、日本は和室やお座敷列車は得意ですが、洋風建築は
あちらが本場(日本は明治維新からスタートですからなあ、歴史が違います)
どーしたって、そのセンスや豪華さ(もちろん、予算の関係もありますが)の
点で、国産車は若干ですが見劣りする気がするのですな。
でも、輸入車を買って高々の鼻をトラブルでくじかない為にも、
買って安心のアフターサービスのしっかりした店から購入する事を
忘れてはいけませんぞ。

 その反面、「何かあった時」に国産車は安心ですな。
旅先での思わぬトラブルに対しても、ベース車両のディーラーさえあれば、
素早く対応してくれますぞ。輸入車はその車種やトラブルの内容にもよりますが、
どこでも修理して貰えるという保証はないのですな。部品一つとっても在庫完備
というのは難しい。ましてや、地方や山奥になると尚更なんですな。最悪は
本国から部品の取り寄せなんて事もあるのですぞ。そうなると時間もお金も
かかるのですな。これは一長一短、難しい選択ですな。

 内装も最近は国産だって負けていませんぞ。年々、その造りやセンスも向上、
輸入車に近づいてきている、上回っている部分もあるのですな。何よりも
コストパフォーマンスに優れ、リーズナブルなお値段というのが市民の
味方なんですぞ。中間を取ってハイブリット!国産車に輸入シェルを架装した
ものを選ぶというのも手ですな。


 因に私は、黒い瞳か青い目を選べと言われたら迷わず、
「両方、好きですぅ!」と答えてしまうでしょうなああぁぁ・・。
(だめだ、こりゃ・・)


■私のJRVA内ギャラリーにもお出で下さいですぞ。
JRVAさいば☆しんギャラリー

■これをポチっとして頂けると励みになるのですなあ。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/291-8cba7582

コメント

現状は輸入車に軍配上がるんですね~
腕時計や電子機器なんかは、メンテ考えると
やっぱり国産選んでしまいます。
がんばれ国産キャンピングカー☆
ん~、需要がまだまだ少ないのですかね。
贅沢品であることは間違いないですからね~。
でも、憧れるなぁ。

*。

必ずしも・・という訳ではありませんぞ・・。
> 現状は輸入車に軍配上がるんですね~

プロダクトとしては・・の話ですな。

お金(維持費含む)と日常的な使用で考えると
必ずしもそうとは限りませんな。これは普通車にも
言えることなんですな。

> 腕時計や電子機器なんかは、メンテ考えると
> やっぱり国産選んでしまいます。

パソコンは、それでもApple好きなんですな。

> がんばれ国産キャンピングカー☆

そうですな。頑張れ!黒い瞳に乾杯!
そうなんですなあ。
> ん~、需要がまだまだ少ないのですかね。

タダでも車離れですからなあ。

> 贅沢品であることは間違いないですからね~。

高いですからなあ。

> でも、憧れるなぁ。

だから贅沢品って言われるのでしょうなあ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】