HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>キャンピングカー復活

いつも引っ張られているアナタも、トレーラーなら引っ張れますぞ!

トレーラー


 キャブコンとならんで"絵"になるのが、
このキャンピングトレーラーなんですな。
普通のキャンピングカーは、以前よりも目にする事が
多くなってきましたが、トレーラーには中々、お目にかかれない。
だから、たまに見かけると「おおっ!!」って感じで、
玄人っぽくて何かカッコいいのですなあ。

 欧州では、普通のキャンピングカー(自走式)よりも、
トレーラーの方が主力。私もフランスはパリィ~~に行った時、
なんて事のないルノーとかが、ヒッチメンバー(牽引装置)を
付けているのをよく見かけましたぞ。バカンスの時なんぞ、
あれにトレーラーをつないで出かけるのでしょうなあ。
生活の中に、しっかりとキャンピングトレーラーが入り込んでいる
印象を受けましたぞ。普段は普通に走れて、いざという時にはキャンプ!
というのが、合理的な欧州人にはピッタリなんでしょうな。

 キャンプ場に着いても車だけ切り離して自由に走り回れるのも
良いですな。キャンプ場で落ち着いてしまった後で、買い物とか、
近くの温泉にいくとかいう時には、自走式キャンピングカーでは
厄介ですからな。(サイドオーニングとか広げちゃってますからな。
また収納しなければならないので"再度オーニング"なんちゃって・・)
その点、トレーラーは、車だけ出動できますぞ。

 日本でも、こうしたメリットが理解されてきたのでしょうか?
確実にトレーラーが増えてきている様なのですな。
車両総重量が750kg以下、連結状態で全長が12m以下ならば
普通免許でも牽引できますし(規制緩和されたかな?)、価格も安く、
その取り回しも意外と簡単なんですな。そのタイプもハードシェル
タイプと折り畳み式のフォールディングタイプに大別され、用途、
予算で選択できるのですな。

 駐車スペースが倍必要な事と、慣れるまでは車庫入れや、
バックなどが難しいのがデメリットとされてますが、
それを補ってもまだ余りある利便性が評価されてきているのですな。

 また、冬はスノーモービル、夏の海にはジェットスキーや
キャリアブルボートを引っ張って行っていく"牽引野郎"には、
ヒッチメンバー利用の一環としてお薦めできる一品かもしれませんぞ。

 職場で家庭で、いつも引っ張られ気味のアナタも、いつでも、
好きなだけ、どこへでも、ガンガン引っ張って行けるのが、
キャンピングトレーラーなんですなあ。


JRVAさいば☆しんギャラリー


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/287-67837d72

コメント

おめでとうございます!!!
遅ればせながら、新装開店、おめでとうございます♪
びっくりぎょうてんしました~~~
しかも、キャンビングカ~~私の夢でもありますぅ。
これからも、楽しみにしてます。^^
コメ御礼ですぞ!
コメントあがとうございますですぞ。
> びっくりぎょうてんしました~~~
私はビックリ動転しましたぞ
> しかも、キャンビングカ~~私の夢でもありますぅ。
夢は実現させないといけませんな。
走る小料理屋?ですかな。
> これからも、楽しみにしてます。^^
ネタテンコ盛りなのでお楽しみに!
ですぞ!
コレがあったら、庭に置いて、私はそこで生活します。

*。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。