HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>キャンピングカー復活

フルコン?古婚?

フルコン


 通常、居住区に充実した装備を持つ「モーターホーム」と言えば、
米国ではそれは、フルコンバージョン(フルコン)とかクラスAを指すんですな。
ドイツではVollintegriertes Wohnmobil相当。

 エンジンだけが付いているストリップシャーシの上に、一体型キャビンが
設置されていて、運転席から後ろのキャビンまでフラットでストレートな居住区を確保。
「モーターホーム」の名にふさわしく、ベッド、シャワー、キッチン、冷蔵庫等、
ほぼ家と同じ機能を持ち、大きいサイズのものでは、一般家庭、豪華なものでは
高級ホテルのスィートルームと同じ様な生活が可能になるのですなっ。

 フォルムでは、日本のバスコン、米国のバスコーチにも似ておりますが、構造、
内容、その用途も異なるのですぞ。米国のリタイヤしたジーさん、バーさん夫婦が、
優雅に後半生を米国一周で楽しむ為のものと言われているんですな。
で、「古婚」で「フルコン」(うそぴょん)よって、図体はデカイが
ペア(ジーさん、バーさん)を基準に余裕の設計がされているのですぞ。

 価格も一千万円以上するものが多く、サイズも幅2m、長さ7m以上のものが
大半(米国のジーさん、バーさんは運転が上手い?)で、まさに超ド級、
キャンピングカーの最高峰とも言えるのですなっ。

 日本では、例え経済的には購入が可能でも、そのサイズが「デカすぎる!」ので、
駐車場や行く場所が限られ、一般的とは言い難いのですなあ。

 でも、その余裕の居住空間とグレードの高い絢爛豪華(けんらんごうか)な設備は、
いつかは「モーターホームズ」と思っている多くのファンの憧れの的でもあるんですな。
(私も正直欲しいですぞ。ジーさん、バーさんには勿体ない!?)

 こんな世界もあるのね程度に意識して、キャンピングカーショーにでも
出展されていたら、千載一遇のチャンスとばかりに高嶺(高値)の花をいぢくりましょう。
で、その想いを胸に、ジャンボ宝くじを買い、一心不乱に祈れば、ジーさん、バーさんに
なるまでには、夢が実現するかもですぞ。


JRVAさいば☆しんギャラリー


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

この記事のトラックバックURL

http://cyberforest55.blog37.fc2.com/tb.php/280-53c1199f

コメント

スゴイ、別世界だ~。
我が家でよく行く公園にはオートキャンプ場があります。
ここにキャンピングカーが5台集結してキャンプをしてました。
子供達も楽しそうでしたよ~。

昨日応援済みです。

本日も*。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。