スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォト語り10:「地下鉄のシンデレラボーイ」


 「あっ!いた・・・」


 いつも乗る地下鉄に、彼がいた。

 最初はカッコイイ人だな・・って思う程度だったが、
偶然にも何度か出会ううちに、いつしかアサミは、
その彼に会えますように・・と願う様になっていた。

 会えずにガッカリ、会えてニッコリ、そして、
別れてションボリ・・・。そんな繰り返しだった・・。

 そのうちに、その彼と彼の友達が交わす会話から、
彼の名前が「ケン」だという事も分かった。


 「ケン・・・・」


 そっと呟いて、小さな胸の内で、その想いを育んだ。

 そんなアサミの想いが神様に通じたのか?偶然か?
思いがけない出来事が・・・。

 ある日、電車内を移動していたケンが
アサミの横を通った時、彼の携帯の豚ちゃんストラップが、
アサミの長い髪に引っかかってしまったのだ。


 「あっ、ゴメン!」


 「だ・だいじょうぶ・・」


 「よく、この電車に乗ってるよね?」


 「え?え・ええっ・・」


 からんだ糸がほどける様に一言三言交わした言葉が
すぐに楽しい会話になった。

 この時間がずっと続けば良いのに・・・と思うアサミだったが、
無情にも電車は目的の駅に着いてしまった。


 「私、ここで降りるの・・・」


 と、電車を降りたアサミだが、何故か?つられて
一緒に降りてしまったケン・・。


 「・・・」


 「・・・」


 見つめ合う二人。一瞬、止まった時間。


 ”Ruuuuuuuuuu!!!!”


 チャイムが鳴り、我にかえるケン・・・。


 「あっ、お・オレ、帰らなくっちゃ・・・」


 せめて携帯ナンバーを・・と思ったアサミだったが、
慌てて電車に戻るケン。


 「さ・さよなら・・」


 気が付くと、そこには ・・・・

シンデレラボーイ

 ケンのスニーカーが・・・。

 その後、そのスニーカーを手がかりに
アサミが、シンデレラボーイを探したかどうかは
誰も知らない・・・・。



 *本文中の写真はイメージであり、本文とは全く関係ありませんぞ。

 *宜しかったらポチッっとお願い致しますですぞ。
にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。